キレイキレイ「Push Connection」展示

 

ライオンのハンドソープ「キレイキレイ」のボトルの残量を検知して詰め替えを補充したり、ハンドソープのプッシュを検知して「子供が帰ってきたよ!」みたいのを教えてくれたりするアタッチメント「Push Connection」のハードウェアプロトタイプ設計と構築、連動するアプリのシステムディレクションをBASSDRUMで担当しました。コンセプトモデル全体はライオンと博報堂アイ・スタジオの共同開発です。

10月12日(金)から10月14日(日)まで札幌で開催されたクリエイティブ展示会「No Maps 2018」でも実機を展示!多くのお客様に体験して頂きました。
BASSDRUMでは、こういった、プロダクト開発の領域でも、実現したいアイデアのテクノロジー領域でいろいろなお手伝いをさせて頂くことができます。

 
BASSDRUM