Tech Director Collective
20181026-193311-_MG_3186.jpg
 

何でもできる、技術のデパート。

テクニカルディレクションが寄与できる領域は、時代の変化とともに日々変化し、拡張しています。

BASSDRUMは、様々な領域で活躍し、日本のデジタル・クリエイティブを牽引するテクニカルディレクターの集合体。

ソフトウェア・ハードウェアを問わず、フロントエンド・バックエンドを問わず、商業クリエイティブ・スタートアップサービス・アート作品等ジャンルを問わず、テクニカルディレクションが必要とされるあらゆる領域をカバーするテクニカルディレクションの「デパート」です。

幅広く、多岐にわたる知識と開発経験をベースに、様々な形で様々なプロジェクトに寄与できます。


 
 

 FAQ

プロジェクトのどんなタイミングでお仕事をお願いすれば良いですか?

テクニカルディレクターは、企画段階のフィージビリティチェックから実装段階の現場ディレクションに至るまで、制作・開発のあらゆるフェーズでプロジェクトに貢献することができます。どんなフェーズのお仕事でもお待ちしております。

テクニカルディレクターってなんですか?

テクニカルディレクターとは、アイデアを考える人と手を動かすプログラマーの間に入って、スムーズな技術開発を実現する「翻訳者」です。考える人・つくる人両方の気持ちと知識を理解して、ものづくりを監督します。本来、開発の現場に必ずいるべき「技術監督」です。

何の会社なんですか? コミュニティって?

BASSDRUMは、テクニカルディレクションを専門に行っている会社です。中核は会社組織になっていますが、フリーランスや他社所属のテクニカルディレクターも参加しており、会社を超えた「コミュニティ」全体としてお仕事をさせて頂いています。

どんなことをしてくれるんですか?

企画段階のフィージビリティチェックから、技術視点からのアドバイス、アイデアを実現するためのUX設計・仕様化など、プロジェクトの序盤から、開発の現場でのプログラマー・エンジニアへのディレクション、運用フェーズでのアドバイザリーまで、プロジェクトの様々な技術知見が必要とされるあらゆる局面でお役に立てます。

プログラマーとは違うのですか?

BASSDRUMのテクニカルディレクターは、全員プログラムの知識と経験を持っており、プログラマーとしてもお仕事をさせて頂くことができますが、それ以上にその知識と経験を持って、アイデアやコンセプトを考える方々とプログラマー・エンジニアの間に入ってスムーズに開発をハンドリングするプロフェッショナルです。プロトタイプ開発などを始めとして、プログラマーとして作業を行うことがありますが、より「話ができる技術者」として活動するのがテクニカルディレクターです。

担当者を指名することはできますか?

可能です。担当者の稼働状況により、参加が難しい場合でも、BASSDRUMの多様なテクニカルディレクター・コミュニティの中から適任者をご紹介することも可能です。

制作・開発は受注していますか?

しています。BASSDRUMはテクニカルディレクターの集まりであるため、多くの場合、クリエイティブやプログラマーは、外部パートナーとコラボレーションして進めることがありますが、BASSDRUMの知識と経験に基づいて、より適切なチームビルディング=テクニカルプロデュースを行うことができます。プロジェクトの規模感・スケジュールによっては、社内・コミュニティ内で開発を行うこともあります。

予算感はどのくらいでしょう?

プロジェクトの規模やスケジュール、難易度によって変動しますが、予算規模に合わせて、少ない予算でもしっかり効果を生めるよう、参加の仕方を調整することが可能です。まずは気軽にお問い合わせください。


 
 

BASSDRUMができること

01.png

新規事業・サービス開発の「プロトタイピング・コンサルタント」

インターネットの登場から20年超、企業規模の大小を問わず、加速度的に新しい技術とインテグレートした事業やサービスを開発する必要性が高まってきました。

BASSDRUMのテクニカルディレクターは、「コミュニケーションセントリックな技術者」として、そういった活動に必要とされる「ツボ」を押さえたプロトタイプを高速に開発することができます。新しい事業やサービスに対して、技術的なコンサルティングを行うとともに、机上の空論にとどまらず形をもったプロトタイプを開発することで、まだ見ぬイノベーションのイメージを具現化していきます。


実現力・技術力の「投資」

テクニカルディレクターは、「何ができて、何ができないのか」「どうやればつくれるのか」「まず、何をすれば良いのか」といった、ものづくりの最初の一歩を踏み出す上で、大きな助けとなる存在です。

BASSDRUMは、未だ十分な予算のない、しかし将来性のあるスタートアップ・サービスやプロダクトに安価で開発参加することで、実現力・技術力を「投資」します。レベニューシェア等により、必要に応じて継続的なコミットを行い、一緒に成長していきます。

02.png

03.png

企業への派遣・相談役を担う「外部CTO」事業

企業を運営するなかで出てくる新しい技術やシステムの導入の検討に対するアドバイス・調査を行ったり、アイデアに対する技術的なフィジビリティのチェックに至るまで、様々な相談に対して、どのようにこの問題を解決していけばいいのかという部分から相談を行います。

技術と呼ばれる範囲が多岐にわたるなかで、CTOがひとりではカバーできなくなっている事があるというような問題にも対応し、相談の窓口となる Slack を開設したり、オフィスへの派遣をするなど、BASSDRUM として横断的に対応してきます。

関連記事:

「外部CTO」とは何か

BASSDRUMでは毎月、内外のテクニカルディレクターやエンジニアのみなさんが集まって情報交換をする「総会」という催しをやっています。回を重ねるごとに来てくださる方も増えていて、職能コミュニティという考え方も徐々に板についてきた気がします(2月には、公開イベントとしての公開総会もやってみました)。


04.png

テクニカルディレクター・コミュニティ事業

BASSDRUMは、自社所属のみならず、日本のみならず、世界の様々なタイプのテクニカルディレクターとネットワークを持っています。常に幅広い領域に対応し、適切なソリューションを提示するために、外部所属のテクニカルディレクターを通した制作会社へのレップを行い、また、職能を通じたコミュニティを構築します。

機材の共有や技術情報の共有、プロジェクトに最適化された開発チームのアサインメント等、活発なコミュニティの核となり、テクニカル・ディレクターという職種そのものの価値や社会的評価を向上させていきます。

関連記事:

rectangle_large_type_2_eae483ca46bdee4f9b6fe75115a03f6b.jpg

第一回BASSDRUM公開総会 レポート

テクニカルディレクターが集まるコミュニティ内の知識・体験共有のために、「BASSDRUM総会」と銘打って参加者の最新のプロジェクト紹介、最近向き合っている技術の紹介、過去のプロジェクトでやってきたことのプレゼンテーションを行う場としてクローズドに開催してきましたが、もっと多くのテクニカルディレクター・エンジニアの役にたつものではないかという思いから今回、初めて公開総会を開催しました。

rectangle_large_type_2_a9370da9abdafb006a96590c7c0716dd.jpg

BASSDRUMが台湾総会をやる理由

明日となってしまいますが、BASSDRUMでは、昨年秋の本格稼働以来毎月開催しているBASSDRUM総会の台湾バージョンを開催します。このBASSDRUM総会は基本的にはクローズドな形でコミュニティ内で情報共有するものなのですが、2月にはそれを一般公開してちゃんとしたイベントにする、ということで、「公開総会」という形でオープンなイベントとして開催、いろいろな方にご参加頂きました。


05.png

受注プロジェクトへの参加

BASSDRUMのテクニカルディレクターは、案件に求められていること、専門としている技術範囲に応じて、プロジェクトベースで様々な案件に参加します。

UI・UXのディレクション、フロントエンド・バックエンド開発からハードウェア開発に至るまで、幅広い範囲をカバーしつつ、プロジェクトの企画から、チームの構成、最終的な現場での開発に至るまで、必要に応じたさまざまなフェーズでものづくりのレベルアップに貢献します。


 
 

お問い合わせ

お仕事のご依頼・メディアの問い合わせなど、こちらのフォームからお気軽にお問い合わせください。

もしくは、 hello@bassdrum.org からお問い合わせください。

Name *
Name