Poster House / Poster Machine

 

自由自在にトライアンドエラーできる、夢のポスター製造機

Poster House / KASA
テクニカルディレクション・モーションプログラミング
Tech Director : Qanta Shimizu

グラフィックデザインがもたらす社会へのインパクトに着目し、後世に伝えること目的とし、展覧会、イベント、そして出版物など、1800年代から現在までに使用されてきた、世界的なポスターの歴史を展示する、アメリカ初のポスターミュージアムとなる「ポスターハウス」の常設インスタレーションの1つである、「Poster Machine」の設計・開発を担当しました。

画面上に表示されるジャンルや書体、コピーやアートワークなどの無限の選択肢を組み合わせて、自分だけのポスターを簡単にデザインすることができる夢のポスター製造機です。 デザインの総数は143,000通り以上に及び、制作の各ステップを段階的に紐解きながら、ポスター制作に必要な基本的な要素(シンボル、色、フレーズ、フォント、デザインスタイル等)の重要性と、デザイン思考について順を追って説明しています。

 
 

テクニカルディレクション

143,000通り以上に及ぶポスターデザインの管理と、スムーズな選択インターフェースを安定した形で実現するため、macOSのネイティブアプリとしての設計・開発を行い、本開発前にシステムやモーションのプロトタイプを開発、チームが目指すところを明確にした上で、ニューヨークから東京のプログラマー(堤修一氏)と連携してソフトウェアの本開発を行いました。

遠隔でのチームビルディングにもかかわらず、効率の良いコード共有や、迅速なコミュニケーションを実現でき、最終的には安定して堅牢な、子供でも大人でも楽しめるインタラクティブシステムを実現。好奇心旺盛なニューヨーカーに楽しんで頂いています。

 
permanentBASSDRUM