Poster House / Digital Poster Wall

 

4Kで展開するポスターの世界。

Poster House / KASA
テクニカルディレクション・システム設計開発・モーションプログラミング
Tech Director : Qanta Shimizu, Yuma Murakami

グラフィックデザインがもたらす社会へのインパクトに着目し、後世に伝えること目的とし、展覧会、イベント、そして出版物など、1800年代から現在までに使用されてきた、世界的なポスターの歴史を展示する、アメリカ初のポスターミュージアムとなる「ポスターハウス」の常設インスタレーションの1つである、「Poster Wall」の設計・開発を担当しました。

通常時はグリッド状に配置された美しいポスターの一覧がアニメーション、そのまま待つか、正面に設置されたボタンを押すことで4Kディスプレイに、原寸大に近いポスターが表示されます。ボタンを押し続けることでポスターの切り替えも可能な、インタラクティブサイネージです。

 
poster-wall-1.gif
poster-wall-2.jpg
 

テクニカルディレクション

表示ポスターの入れ替えを、ミュージアムのコレクションから自由自在に行うことができるように、表示コンテンツ操作用のCMSを設計・開発。随時、表示コンテンツの変更を行うことができるようにし、円滑な運用までを視野に入れた安定したシステム開発をリードしました。

4Kの大きな描画に耐えられるよう、ハードウェアの選定からGPUを効率的に利用したプログラミング設計までを行い、ボタン連動も含め、長時間の運用に耐えられる堅牢なシステムを完成させました

常設インスタレーションとなるため、遠隔操作なども含めた万全なメンテナンスシステムを設計・導入、ここまでに培った常設展示物向けのノウハウをフル活用することができました。

 
permanentBASSDRUM