NEWS/EVENTS


東京モーターショー2019でARプレゼンテーションを実施中です

OCTOBER, 2019

2019年10月24日(木)から東京ビッグサイトで開催中の「第46回 東京モーターショー 2019」で公開された、話題の新コンセプトカー「ニッサン アリア コンセプト」「ニッサン IMk」。日産ブースでは、会期最終日の11月4日(月・祝)まで、ステージ上の本物の車体を使用した超高解像度映像によるARプレゼンテーションを実施中です。

実際の空間に情報を表示しているような演出や、車体が瞬間移動したかのような演出など、リアルタイムに車体とステージとの合成を行い、コンセプトカーの特性やEVが持つ魅力をさらに向上させるエネルギーソリューション「ニッサン エナジー シェア」の特性をわかりやすく解説しています。

こちらのARプレゼンテーションは、テクニカルディレクションと空間演出を担当した「BASSDRUM」、CGディレクションとARグラフィックの制作を担当した「LIL」(http://lil.vision/)、ゲームエンジンを使用したARシステムの開発を担当した「TETRA」(http://tetra-inc.com/)が、今回のために特別に開発した大型ARプレゼンテーションシステムを使用しています。
既存のAR演出を超えた次世代のプレゼンテーションを是非ご体験ください。

第46回 東京モーターショー 2019
日時:2019年10月24日〜11月4日
会場:東京ビックサイト

©BASSDRUM inc.
お仕事のご依頼・取材のご相談など、下記のフォームからお気軽にお問い合わせください。メールの場合は hello@bassdrum.org からご連絡ください。