NEWS/EVENTS


IoTデータ取引基盤「PTPF™」の普及に向けて、協業を開始しました

OCTOBER, 2021

2021年10月26日、ベースドラム株式会社、Linuxサーバー・IoT ゲートウェイの開発メーカーである、ぷらっとホーム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホー ム)、ブロックチェーン事業を専門とする合同会社暗号屋(本社:福岡県福岡市、代表社員:紫竹佑騎、以下暗号屋)の三社の協業により、IoTデータ取引基盤「PTPF™ 」の普及に向けた活動を開始し、ハブとなるウェブサイトをオープン致しました。 

PTPF™ ウェブサイト

現在のIoTデータ流通市場は、仕様が参入事業者やサービスごとに異なるだけでなく、所 有権や価格情報などを IoTデータ自体に付加することが困難な為、データ流通基盤に全てのデータを一度蓄積する必要がありました。しかし、それでは非常に広範囲で秘匿性のある IoT データを流通する上で、セキュリティ面に課題が残ります。PTPF™は、そのような課題に対し、ブロックチェーンをベースとしたプロトコルを用いることで、データ流通上必要な付加情報をIoTデータ自体に加えることを可能にし、柔軟でスケーラブル、かつセキュアなIoTデータ流通を可能にしました。 

取引情報を伴ったIoT データ流通が実現することにより、今後 IoT 化が急速に進んでいくスマートシティやモビリティ、そしてエネルギーなどのインフラや金融、不動産など、幅広い分野に渡って利活用がなされていくことを想定しています。 

既に各分野の企業の協力の元で導入の検討や実証実験が開始され、今後可能なものについては情報が公開されていく予定です。 

今回の協業開始、並びにウェブサイト公開を皮切りに、PTPF™の機能開発の推進、PTPF™を利用したデータ流通事業へ参入する事業者のサポート、PTPF™を利用したアプ リケーションやシステム制作を行う開発者のための環境整備といったエコシステムの構築を進めて参ります。 

<知財について>
ぷらっとホーム社では、データ通信路とブロックチェーンを組み合わせることによるデータ流通の仕組みに関する特許を取得しており、その技術を使用しています。「PTPF™」はぷらっとホーム社の登録商標です。 

■ 関連URL
PTPF™ ウェブサイト
公式プレスリリース
「PTPF™」サービス開始についてのプレスリリース

<ぷらっとホーム株式会社について>
ぷらっとホームはLinuxサーバー・IoT ゲートウェイの開発製造大手です。1993年の創業よりLinuxサーバーのパイオニアとして、通信やネットワーク分野に自社製コンピュータを供給してきました。代表的な製品である超小型 Linuxマイクロサーバー「OpenBlocks®」は、大手通信事業者をはじめ、物流、輸送、金融、エネルギー産業、官 公庁など日本の社会インフラを支える様々な領域で採用されており、成長しつつあるIoT(Internet of Things: モノのインターネット)の分野でもLinuxサーバーをベースとした当社のIoTゲートウェイは大きな注目を集めています。
https://www.plathome.co.jp/

<合同会社暗号屋について>
暗号屋は福岡と東京をべースに、ブロックチェーン技術が拓く、新しい経済活動を産み出し社会実装する為に創られた技術組織です。当社はブロックチェーン技術が普及する事による「あたらしいインターネット時代」の到来に熱狂し、様々な問題解決を行うことに注力しています。ブロックチェーンのメリットを最大限活用したプロダクトを創るにはその思想の理解と幅広い技術選定の知識が必要不可欠です。当社はその課題に対して仮説を立て、実験を行いながら新しい価値の創造に取り組んでいます。
https://www.ango-ya.org/ 

©BASSDRUM inc.
お仕事のご依頼・取材のご相談など、下記のフォームからお気軽にお問い合わせください。メールの場合は hello@bassdrum.org からご連絡ください。