NEWS/EVENTS


サービスデザイン思考とアジャイル開発を連携した新製品・新規事業開発プログラム「Agile PoB」を提供します

SEPTEMBER, 2022

[ Press Release ]

様々な技術領域におけるテクニカルディレクターを中心とする職能コレクティブであるBASSDRUM(本社:東京都港区、代表:清水幹太)は、株式会社インフォバーン(本社:東京都渋谷区、代表取締役 会長(CVO):小林弘人、代表取締役 社長:田中準也、株式会社メディアジーン関連会社)のデザインコンサルティング事業部門であるIDL [INFOBAHN DESIGN LAB.](以下IDL)とパートナー契約を締結し、企業における新規事業・新製品開発、および技術開発支援を強化します。

多様な技術領域の知識をベースにし、BASSDRUMが技術的開発を実現させる「テクニカルディレクション」の豊富な実績と、IDLが保有する新価値探索のためのサービスデザインアプローチを基盤とする製品・サービス及び事業デザインに関するプログラムです。
双方の実績を組み合わせることにより、新たな価値の探索を起点とする新製品や新規事業の開発において、従前のようにコンセプト開発フェーズと、実開発フェーズを分断せず、構想・プロトタイプを用いた実体化・検証までシームレスかつスピーディに結実させるアジャイルプログラム「Agile PoB」をご提供いたします。

■ Agile PoBプログラムの概要

新規事業や新製品・サービス開発において、多くの企業、特に事業企画企画や製品企画部門の方々から下記のような課題をお聞きします。

・コンセプトレベルでの具体化と検証で留まってしまい、実稼働レベルの製品プロトタイプによる検証までたどり着かないため、実開発フェーズまで進められない。

・デザイン思考などを用いた新事業アイデアの発想に取り組んではみるものの、アイデアレベルで留まってしまうことによって開発部門の参画を円滑に実行できない。その結果、実製品レベルの価値検証に至らず、既存事業部への開発プロジェクト移行の道が途絶えてしまう。

・企画部門で具体化した製品アイデアを社内の技術部門・開発部門にプロトタイプ開発をしてもらおうとすると、開発計画、工程、スピードが合わず、結果、新製品や新規事業の構想がお蔵入りになってしまう。

・企画部門と開発・技術部門の間におけるプロジェクトゴールやマイルストーンなどについて、共通の認識設定を行うための指針づくりに苦労している。

・アジャイル実践の際のタスク管理と進捗管理に関して、意外と方法論が確立されていないことによって柔軟な対応がとれず、結果として「場当たり」的な進行になってしまう。

・企画チームと開発チームの間で、顧客にとっての便益と技術的実現性に関する重み付けの認識が食い違い、優先順位がズレてしまうことでうまくプロジェクトが進まない。

このような課題を抱える企業にとって、意味探索のためのデザイン研究に関する知見に基づくIDLのイノベーションデザイン、およびサービスデザイン能力と、先進的かつ卓越した技術実現力を基底にもつBASSDRUMのアジャイル・プロダクト開発能力を連携することで、スピーディでイノベーティブな新製品・新規事業開発プログラムを実現いたします。

構想レベルの価値検証(PoC=Proof of Concept)のみならず、事業性と開発是非に関する判断のためのプロダクトレベルの価値検証(PoB=Proof of Business)を、約3ヶ月を1ターンとする開発スプリントを2〜4ターン程度アジャイルに行うことで、通常は不確実性を排除することが難しい新規開発プロジェクトにおける段階的な確証性確認を実施。投資対効果の高い新製品・新規事業開発プロジェクトの遂行と、プロジェクト実践を通したチームビルディング、新価値創造人材の育成についても併せて支援いたします。


■ プログラム実施イメージ

【 BASSDRUMについて 】
ウェブサービスやフィジカルプロダクト開発などの様々なプロジェクトを技術面からリードするテクニカルディレクターを中心に集めた世界初のテクニカルディレクター・コレクティブ、及びその中核にある会社組織。プロジェクトのあらゆる局面において技術を軸に、デザインやビジネスなどの領域横断的なコミュニケーションを補助し、チームの実現力を最大化します。

ベースドラム株式会社
所在地:東京都港区六本木7-2-8 WHEREVER 6F
代表取締役:清水幹太
事業内容:テクニカルディレクション、テクニカルコンサルティング、フィージビリティ、開発、制作など
https://bassdrum.org/

【 IDL [INFOBAHN DESIGN LAB.]について 】
IDLは、今ここにある当たり前を批評的にリフレームし、まだどこにもない新たな価値の探索者となり、人々の価値観や生活習慣を揺さぶる議論を巻き起こす「Troublemaker」として、パートナーや企業と自律的な関係を築きながら、理想とする未来の姿を描いていきます。BtoCやBtoB、さまざまな業種・業態での案件において、デザインツールやプログラムの開発を起点として、新規事業の創出とビジネスや社会課題の解決を実践しています。
https://www.infobahn.co.jp/idl

株式会社インフォバーン
所在地:東京都渋谷区円山町23-2アレトゥーサ渋谷 1・2・4F
代表取締役 社長:田中準也
事業内容:コミュニケーション・プランニング、Webサイト構築・運用、広告・SPツール制作など
https://www.infobahn.co.jp/

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
ベースドラム株式会社
pr@bassdrum.org

©BASSDRUM inc.
お仕事のご依頼・取材のご相談など、下記のフォームからお気軽にお問い合わせください。メールの場合は hello@bassdrum.org からご連絡ください。